パイプライン

Pipeline

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症(Age-related Macular Degeneration、AMD)は、50歳以上の約1%にみられ、欧米では失明原因の第1位となっています。2014年時点の全世界の加齢黄斑変性症患者数1億3,500万人のうち1,225万人が米国に居住していると推定されます(文献1)。

治療薬としては、網膜での異常な血管の新生を阻害する医薬品(VEGF阻害薬:ルセンティス®、アイリーア®など)があり、約1兆円の市場を形成しています。しかし、それらの既存薬は実用化から約10年経過し、臨床上の問題点が追跡調査により明らかになりました。

  • 既存薬(VEGF阻害薬)では効果が得られない患者さんが相当数存在する(文献2)
  • 有効とみられた患者さんも2~3年程度経過すると効果が低下し、再び失明のリスクにさらされる(文献3)

これらの要因は、病変による網膜の瘢痕化(線維化)が関与していると考えられています(文献4)。既存薬には瘢痕化を抑制する作用はありません。

抗VEGF薬(一般名:Ranibizumab、商品名:ルセンティス®)投与によるAMD患者の視力に対する臨床試験の結果(文献3)。

[緑線]前半2年間は月1回の硝子体投与(試験名INITIAL STUDY)、後半2年間は数ヶ月間隔の硝子体投与(試験名HORIZON)、視力を測定した結果。
[赤線]4年以降の視力について経過観察した結果(試験名SEVEN-UP)。
縦軸のETDRS Lettersは、米国方式の視力表、判読できる最小の文字列の増加(視力回復)減少(視力悪化)を表す。
提供:R. Bhisitkul博士。

当社のRBM-007(文献5)はFGF2(線維芽細胞増殖因子2)を阻害するアプタマーであり、血管新生のみならず、網膜の瘢痕形成を抑制する作用があります。このような二重作用(dual action)は既存薬にはない新規メカニズムで、既存薬では奏効しない患者さんに対して新しい治療法を提供するものと期待されます。

当社は、加齢黄斑変性症を対象とするRBM-007の臨床試験を米国で実施する目的で、2017年8月RIBOMIC USA Inc.(当社の100%子会社)をカリフォルニア州バークレー市に設立、2018年10月から米国において第I/IIa相試験を開始しました。

今回の臨床試験では、眼球の器官の一つである硝子体に注射を行うため、健常人に対する第I相試験(治験薬の安全性や体内動態を確認する試験)は実施せずに、患者さんに対する第I/IIa相試験を実施します。第I/IIa相試験は、少数の被験者を対象とし、治験薬を少量から段階的に増量しながら単回投与し、治験薬の安全性、忍容性、生理活性の確認を行う試験です。第I/IIa相試験終了の後、第IIb相試験を実施します。第IIb相試験は、200名規模の被験者を対象とし、第I/IIa相試験の結果に基づいて決定された投与量の治験薬を投与し、治験薬の有効性の確認を行う予定です。

[RBM-007の米国臨床試験に関する情報]

文献