パイプライン

Pipeline

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症(Age-related Macular Degeneration、AMD)は、50歳以上の約1%にみられ、欧米では失明原因の第1位となっています。2014年時点の全世界の加齢黄斑変性症患者数1億3,500万人のうち1,225万人が米国に居住していると推定されます(文献1)。

治療薬としては、網膜での異常な血管の新生を阻害する医薬品(VEGF阻害薬:ルセンティス®、アイリーア®など)があり、約1兆円の市場を形成しています。しかし、それらの既存薬は実用化から約10年経過し、臨床上の問題点が追跡調査により明らかになりました。

  • 既存薬(VEGF阻害薬)では効果が得られない患者さんが相当数存在する(文献2)
  • 有効とみられた患者さんも2~3年程度経過すると効果が低下し、再び失明のリスクにさらされる(文献3)

これらの要因は、病変による網膜の瘢痕化(線維化)が関与していると考えられています(文献4)。既存薬には瘢痕化を抑制する作用はありません。

抗VEGF薬(一般名:Ranibizumab、商品名:ルセンティス®)投与によるAMD患者の視力に対する臨床試験の結果(文献3)。

[緑線]前半2年間は月1回の硝子体投与(試験名INITIAL STUDY)、後半2年間は数ヶ月間隔の硝子体投与(試験名HORIZON)、視力を測定した結果。
[赤線]4年以降の視力について経過観察した結果(試験名SEVEN-UP)。
縦軸のETDRS Lettersは、米国方式の視力表、判読できる最小の文字列の増加(視力回復)減少(視力悪化)を表す。
提供:R. Bhisitkul博士。

当社のRBM-007(文献5)はFGF2(線維芽細胞増殖因子2)を阻害するアプタマーであり、血管新生のみならず、網膜の瘢痕形成を抑制する作用があります。このような二重作用(dual action)は既存薬にはない新規メカニズムで、既存薬では奏効しない患者さんに対して新しい治療法を提供するものと期待されます。

当社は、加齢黄斑変性症を対象とするRBM-007の臨床試験を米国で実施する目的で、2017年8月RIBOMIC USA Inc.(当社の100%子会社)をカリフォルニア州バークレー市に設立、2018年10月から米国において第I/IIa相試験(SUSHI試験)を開始し、2019年6月に終了しました。

今回の臨床試験では、眼球の器官の一つである硝子体に注射を行うため、健常人に対する第I相試験(治験薬の安全性や体内動態を確認する試験)は実施せずに、患者さんに対する第I/IIa相試験を実施しました。第I/IIa相試験は、少数の被験者を対象とし、治験薬を少量から段階的に増量しながら単回投与し、治験薬の安全性、忍容性、生理活性の確認を行う試験です。

今回の試験では、既存薬が効かない9名の難治性AMD患者を3群にわけて、被験薬を0.2mg→1mg→2mgと漸増して単回投与しました。その結果、いずれの投与量においても被験薬の安全性が確認され、薬効を示唆する結果を確認することができました。この結果を受けて、2019年12月より、RBM-007の複数回投与による臨床POC確認を目的とした第2相試験(試験略称名:TOFU試験)を米国で開始しました。この試験は、wet AMD患者を対象に、①RBM-007硝子体内注射の単剤投与群、②既存薬としてアイリーア(アフリベルセプト)硝子体内注射との併用投与群と、③アイリーア硝子体内注射の単剤投与群との間で、有効性と安全性を比較評価する無作為化二重盲検試験です。合計81名の被験者に対して、米国の10数カ所の治験サイトで実施するものです。2021年末までに本試験は完了する予定で、既存薬に対するRBM-007の優位性が証明されることを期待しています。

[RBM-007の米国臨床試験に関する情報]

文献

軟骨無形成症

軟骨無形成症は、新生児約25,000人に対して1人の発生率の希少疾患で、有効な治療薬が存在せず、Unmet Medical Needsの疾患となっており、新規な薬剤の開発が求められております。この疾患は、FGF受容体のひとつであるFGFR3におきた突然変異によって発症する、四肢短縮による低身長を主な症状とする希少疾患で、現在まで有効な治療薬が開発されていません。これまでに、当社は、軟骨無形成症モデルマウス(FGFR3の遺伝子を疾患変異型に人為的に改変したマウス)を用いた薬理試験において、RBM-007は低身長改善効果を示し、軟骨無形成症に対する本薬剤の非臨床POCを確認することに成功しております。また、軟骨無形成症患者由来のiPSC(人工多能性幹細胞)は軟骨細胞への分化が不全になっていることが知られていますが、iPS細胞を試験管内で培養する際に、RBM-007を添加することで、軟骨細胞への分化が可能となり、さらには、免疫不全マウスにこの分化細胞を移植すると、マウスの体内で軟骨組織が形成されることを証明しております(大阪大学医学部との共同研究)。これらの結果から、RBM-007が軟骨無形成症に対する新薬となりうることが強く示唆されました。

軟骨無形成症に関するプロジェクトは、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の支援(2015年度からの3年間ならびに2018年度からの3年間)を受け、治験開始に必要な準備をすべて完了し、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)との対面助言を実施後、2020年4月、新薬の治験計画届出書をPMDAに提出し、同年5月に第1相試験の実施が許可されました。その結果、2020年7月、国内の1治験施設において、RBM-007の安全性、忍容性及び薬物動態を調べることを目的とする、第1相試験を開始いたしました。

[RBM-007の日本での臨床試験に関する情報]